美しいデザインと見事な加速力の融合!マクラーレンの最新相場とは?

F1レースで培った経験から、圧倒的な速さを誇るマクラーレン。最高級車らしい美しいボディデザインと、力強いサウンド、さらにハイパフォーマンスな走りに胸が高まる1台です。

スーパーカーにふさわしい価格設定が行われた車でもあり、憧れを持つ人も多いでしょう。そんなマクラーレンの買取では、どのくらいの査定価格がつくのでしょうか。

そこで、マクラーレンの魅力を解説しながら、最新相場を紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

マクラーレンの特徴

マクラーレンは、イングランド・サリー州ウォキングのマクラーレン・テクノロジー・キャンパスを本拠地とする自動車メーカーです。

マクラーレンの正式名称は【McLaren TECHNOLOGY GROUP(マクラーレン テクノロジー グループ)】であり、このグループは【McLaren Racing(マクラーレンレーシング)】【McLaren Automotive(マクラーレンオートモーティブ)】【McLaren Applied Technologies(マクラーレン アプライド テクノロジー)】の3つで構成されています。

マクラーレンと聞くとF1のチームを想像する人もみられますが、F1などの活動を行っているのがマクラーレンレーシングです。市販車はマクラーレンオートモーティブが担当し、それぞれの技術開発や応援活動はマクラーレン アップド テクノロジーが担います。

マクラーレンの創立者

マクラーレンの創立者はニュージーランド出身のブルース・マクラーレンです。ブルース・マクラーレンは1952年にレースを始めたレーサーであり、若干14歳でヒルクライムレースに初出場した人物として知られています。

その後、1957年と1958年にニュージーランドチャンピオンシップを獲得し、F1へと活躍の舞台を移しました。ブルース・マクラーレンにとっての初めてのF1レースは1958年のドイツGPでのことです。

1959年からクーパー社製のマシンでF1に参戦したブルース・マクラーレンは、1959年にアメリカGPで優勝を果たします。翌年には年間シリーズで2位を獲得し、シリーズ優勝も目前といわれていました。

しかし、1963年に【ブルース・マクラーレン・モーターレーシング】を立ち上げます。それでもクーパー社製のドライバーは続けますが、年間のタイトル獲得には至りませんでした。その後、1970年にテスト走行中にクラッシュを起こし、ブルース・マクラーレンは32歳の若さでこの世を去ることになったのです。

マクラーレンの歴史

マクラーレンが初めて市販ロードカーとなるF1を発表したのは1991年のことでした。1993年にF1の販売が開始され、マクラーレン車の市販が始まります。その後、2009年にマクラーレン・オートモーティブを設立し、16年ぶりとなる量産車のMP4-12Cの販売を始めました。

2013年にはP1の販売を開始したマクラーレンは、翌年に650S クーペと650S スパイダーのワールドプレミアを行います。2015年にはジュネーブのモーターショーで675LTを世界限定500台で生産・販売することを発表し、スーパーカーファンからの注目を集めました。

2017年には650Sの後継モデルとなる720Sのワールドプレミアが行われるなど、常に世間を驚かせている自動車メーカーです。

マクラーレンの魅力

上品なデザイン

マクラーレンの魅力のひとつには、エレガントなデザインが挙げられるでしょう。エレガントでありながらもエキゾチックなデザインが特徴であり、他のスーパーカーにはないときめきが感じられる車です。

どの車もハイパフォーマンス

マクラーレンのラインアップを見ていると、どの車も非常にパフォーマンスが高いことがわかるでしょう。遅い車は1台もなく、すべての車が速く快適に乗れるように作られています。

例を挙げると、720Sは最高スピード341kphを誇るクルマですが、ドライバーを包み込むようなシート設計が行われ、ヒーテッドシートも搭載。低速や高速にかかわらず、ドライバーが快適なドライビングが楽しめるように設計され、快適さとパフォーマンスが両立されています。

希少価値の高さ

日本におけるマクラーレンは、フェラーリやランボルギーニのような高い知名度はありません。JAIA 自動車輸入組合の発表によると、2016年度のマクラーレンの登録数は191台にとどまりました。この年のフェラーリの登録台数は726台でしたので、いかに希少性が高いかがわかるでしょう。

このことから、日本でマクラーレンを所有することに特別感を感じる人もみられます。他のスーパーカーと被ることなく、自分だけのオリジナリティ感が出せる車であるため、マクラーレンを選択する人もいるのです。

マクラーレンの車種

マクラーレンには非常にたくさんのラインアップが用意されています。どの車もハイパフォーマンスですので、満足のいく1台が見つかるでしょう。

ここからは、マクラーレンの人気の車を8種類選んで紹介します。

570S

マクラーレンのエントリーモデルとなるのが570Sです。2015年のニューヨークモーターショー15で発表された570Sは、スポーツ・シリーズの第一弾に位置づけられています。

650Sがスパーカーセグメントであるのに対し、570Sはマクラーレン初のスポーツカーセグメント車として開発されました。mたまた、650S用の3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンが専用チューンされたM838TE型ユニットを搭載しているのも特徴です。

軽量化にこだわった570Sの乾燥重量は1,313kgであり、100km/hまでわずか3.2秒で到達することにも成功しました。最高速も328km/hを実現し、エントリーモデルでありながらも優れたパフォーマンスを誇る1台です。

そんな570Sはエンジン音も魅力のひとつ。540Cや570GTと比べても迫力のあるエグゾースト・サウンドを響かせ、運転への興奮を高めてくれます。

また、強力なサウンドを響かせるためのオプションも用意。<スポーツ・エグゾースト>を選択することで、魅力的なサウンドドラックが、車のパフォーマンスを一層高いものへと変化させます。

570Sのスペック

エンジン:90° V8
排気量:3,799cc
最高速度:328 km/h(204 mph)

570Sスパイダー

クーペタイプの570Sのオープンルールタイプとして登場したのが570Sスパイダー。ルーフにはリトラクタブルハードトップが採用され、40km/h以下の走行中であれば15秒で開閉が可能です。

570Sクーペよりも46kg増量された理由には、リアスポイラーが12mm高くしたことにあるでしょう。これにより、エアロダイナミクス性能の最適化に成功しています。

エンジンにはクーペと同じM838TE3.8リットルV型8気筒ガソリンツインターボが採用され、圧倒的な加速が楽しめる1台です。ただ、570Sスパイダーの優れた性能は加速だけでなく停止にもあります。

フロントに6ピストン・キャリパー、リアにも4ピストン・キャリパーを装備したカーボンセラミック製ブレーキにより、100km/hで走行しているマシンを、わずか32mで停止させることが可能です。

驚異的な速度での停止は、事故を防ぎ、安全性の向上にもつながると高く評価されています。

570Sスパイダーのスペック

エンジン:90° V8
排気量:3,799cc
最高速度:328 km/h (204 mph)

540C

スポーツシリーズの第2弾として投入されたのが540Cです。クーペタイプの540Cには3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。

このエンジンは最大出力が540ps、最大トルクが540Nm(55.1kgm)であるため、【540】という車名がつけられました。軽量化も意識して作られた540Cは乾燥重量が1,311kgであり、100km/hまでわずか3.5秒で加速します。

マクラーレンがレースで培った技術が投入され、0-200kmを10.5秒で走行することも可能な車です。540Cの驚異的な速さにはスリルと興奮が感じられるでしょう。

最高速度も320km/hであり、息をのむような走りが楽しめるモデルです。さらに、540Cの速さの秘密には、軽量化も挙げられます。

マクラーレン・テクノロジーのひとつであるカーボン・ファイバー構造を導入し、モノセルⅡシャシーの重さを、わずか75㎏に抑えました。これにより、類まれなるダイナミックさを生み出しているのです。

540Cのスペック

エンジン:3.8 リッターV8 ツインターボエンジン
最高出力:540PS

570GT

マクラーレンのこのクラスにおいて、快適性を重視して作られたのが570GTです。スポーツシリーズの第3弾モデルであり、旅をするための車として開発が進められました。

インテリアにはレザーが多用されたことでラグジュアリー感が高められ、開閉にはマクラーレン初となるソフトクロージャーが装備されたことでも注目が集められた1台です。

さらに、リアにはガラスハッチを採用し、容量220リットルもの収納スペースを実現しています。収納部にもこだわりを見せ、上質なレザーで仕上げられているのも特徴でしょう。ツーリングデッキと呼ばれるこの収納スペースは570GTの魅力の1つです。

570GTのスペック

エンジン:90° V8
排気量:3,799cc
最高速度:328 km/h(204 mph)

600LT

570Sクーペがベースとなり、パワフルなエンジンを軽量ボディに組み合わせたのが600LTです。マクラーレンの伝説とも呼べるレーシングカー【F1 GTR Long Tail】のLT(ロングテール)に由来して車名がつけられました。

車名にLTがつけられている車は軽量でハイパワー、さらに、スパルタンなハードコアモデルであり、600LTもそれに見合ったパフォーマンスを可能にしています。

エンジンには3.8リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンがチューニングされ、冷却システムにも改良が施されました。そのうえ、エキゾートシステムの背圧を低減し、最大出力600ps、最大トルク63.2kgmを可能にしたモデルです。

ベースとなるマクラーレン570Sを大きく上回るスペックであり、100km/hへの加速がわずか2.9秒という驚異的なパフォーマンスを誇ります。

600LTのスペック

エンジン:V8
排気量:3,799cc
最高速度:328 km/h(204 mph)

600LTスパイダー

2019年6月に発表されたモデルが600LTスパイダーです。600LTのオープンルーフモデルであり、驚異的な600LTのパフォーマンスをそのままに、風を感じながら走れる車として誕生しました。

ルーフは40km/hまでの走行時であれば15秒で開閉するリトラクタブル・ハードトップを採用し、素早い開閉を可能にしています。

骨格にはカーボン製のモノセルⅡを採用することで、ベースとなる570Sスパイダーよりも100kgの原料に成功しました。カーボン製のモノコックの採用により、ルーフを開けても剛性が落ちることがないといったメリットもあります。

600LTスパイダーのスペック

エンジン:V8
排気量:3,799cc
最高速度:328 km/h(204 mph)

650S

3.8リッターV8DOHCツインターボエンジンを搭載し、最上位スーパーカーであるP1に準じたパワーを持つのが650Sです。スポーツを意味するSが車名につけられた650Sは、100km/hにわずか3.0秒で到達するほどの力強さであり、最高速度は333km/hを実現。スーパーカーとしての見事な実力を発揮する車です。

純粋にエンジンのみで走るマクラーレンのラインアップの中でも、最高の動力性能を誇るといえるでしょう。そんな650Sは、デザイン性の高さでも高く評価されています。

650Sのドアは【ディヘドラルドア】と呼ばれるガルイングの一種であり、Aピラー付け根に近いスカットル部にのみヒンジを持つのが特徴です。

デザインのテイストもP1に準じたものであり、一目見ただけでマクラーレンのスーパーカーであることがわかる洗練されたスタイルを持っています。

シャシーには超軽量化を目的に<カーボンモノセル>を使用し、車体重量を1,330kgにまで抑え込むことに成功しました。これにより、さらなる速さを実現した車です。

650Sのスペック

エンジン:90度角V8
排気量:3,799cc
最高速度:333 km/h(207 mph)

650Sスパイダー

クーペタイプの650Sの性能をそのままに、わずか数秒で折りたためるハードトップ・ルーフを採用したオープンルーフタイプが650Sスパイダーです。

クーペに比べると3,500,000円も高い値段設定が注目を集めましたが、その価格に見合うだけの魅力がある車だといえるでしょう。

ルーフを折りたたむだけでサウンドを間近に聞くことのできる360Sスパイダーには、650psの3.8ℓV8ツインターボエンジンが搭載されました。

現行のマクラーレンのオープンモデルの中で最速であることから、トップクラスの走りを体で感じられる車であるといえるでしょう。

また、650Sスパイダーに取り入れられたカーボン・タブは、スパイダーを前提に設計されていますので、剛性を損なうこともありません。650Sクーペの性能をそのまま活かし、ハイパフォーマンスが十分に楽しめる車だといえるでしょう。

ルーフを開けるとスリー・クォーターの視界が広がり、開放的な気分でドライビングが楽しめます。

650Sスパイダーのスペック

エンジン:90度角V8
排気量:3,799cc
最高速度:329 km/h(204 mph)

マクラーレンの最新相場

高いモデルでは新車価格が40,000,000円をこえる最高級車と位置づけられるマクラーレン。そんなマクラーレンを査定に出すと、どのくらいの査定額がつくのか気になりますよね。

年式や走行距離によっては車の高価買取も夢ではないかもしれません。そこで、マクラーレンの最新相場を調べてみました。

570Sの最新相場

マクラーレンのエントリーモデルとして登場した570S。エントリーモデルながらも新車価格が22,560,000円に設定されていますので、買取でも高値が期待できるでしょう。

ただ、日本での登録台数が少ないため、買取実績はありません。

570Sスパイダーの最新相場

570Sスパイダーの買取実績はありませんが、570Sと同様のスペックをもつ車であるため、高額査定が期待できます。

570GTの最新相場

ラグジュアリーを追い求めて作られた570GTは、高い人気を誇るクルマです。年式や走行距離、グレードなどで買取価格は異なりますが、16,000,000~17,000,000という買取価格が期待できるといわれています。なかには17,000,000円をこえる車もあるでしょう。

570GTの残価率

570GTの新車価格は27,530,000円であり、16,000,000円で売却した際の残価率はおよそ58%です。

540Cの最新相場

マクラーレンのスポーツシリーズのエントリーモデルとして位置づけられる540S。しかし、完成度が高いため、売却時には10,000,000円以上の価格がつくケースが多いでしょう。

詳しい買取事例はありませんが、年式や走行距離によって買取相場が異なり、13,000,000~15,000,000円での買取が期待できます。

540Cの残価率

最高級車のマクラーレンは、540Cの新車価格を21,880,000円に設定しています。よって、13,000,000円で買取られた際の残価率は、およそ59%です。

600LTの最新相場

マクラーレン600LTは販売開始から日が浅く、日本でも非常に台数の少ない車ですので、買取事例がありません。

600LTスパイダーの最新相場

マクラーレン600LTスパイダーは2019年に発売が開始された車です。中古車市場にもほとんど出回っておらず、買取事例は報告されていません。

650Sの最新相場

2015年式の650Sを例に買取相場を見ていきましょう。

2015年式 650S 赤 走行距離12,000km:15,987,000円

650Sの残価率

650Sの新車価格は31,600,000円です。よって、15,987,000円での買取では、およそ50%の残価率になります。

650Sスパイダーの最新相場

650Sスパイダーは人気のモデルであるため、買取事例もたくさんあります。

2014年式 650Sスパイダー 黄色 走行距離34,000km:15,810,000円
2015年式 650Sスパイダー ガンM 走行距離4,000km:15,819,000円
2015年式 650Sスパイダー 青 走行距離23,000km:16,577,000円
2016年式 650Sスパイダー 黄色 走行距離10,000km:16,698,000円

650Sスパイダーの残価率

650Sスパイダーの新車価格は34,000,000円です。2015年式の650Sスパイダーを16,577,000で売却した際には、残価率はおよそ48%となります。

マクラーレンを高額で買取ってもらうポイント

マクラーレンのハイパフォーマンスは、スーパーカーファンからの高い支持を得ています。また、スタイリングのよさからも乗ってみたいと考えるユーザーが多く、買取市場でも高額査定が期待できるでしょう。

しかしながら、高値で売却するにはいくつかのポイントをおさえることも大切です。そこで、マクラーレンを少しでも高値で売るコツを紹介しましょう。

人気のモデルや限定車かどうか

マクラーレンには、非常にたくさんのラインアップがあります。しかし、需要が集中するのは人気のモデルです。そのため、人気のモデルなどには高値がついやすいといえるでしょう。

また、人気があるにもかかわらず製造が終了しているモデルは希少価値も高く、車 査定でプラスがつく可能性が高くなります。さらに、限定車なども高値が期待できるでしょう。

しかしながら、マクラーレン車のモデルに詳しい買取業者でないことには、その価値が判断できないこともあります。よって、買取業者選びも非常に重要です。

メンテナンスが行き届いているか

一般的な乗用車と違い、スーパーカーは走りを追求するタイプのユーザーや、ボディーの美しさに魅了されたユーザーが購入するケースが多くみられます。

車にこだわりを持つ人に選ばれる車であることから、メンテナンスの状態は非常に重要なポイントです。常に洗車をしてきれいな状態を心がけていると、細かい傷などにも気がつきやすいでしょう。

また、一目見て大切にされていたことがわかる車であれば、プラス査定がつきやすくなります。なにより、きれいな車を買取に持ち込むことで、査定員の印象も違ってくるでしょう。

純正オプションならプラス査定がつきやすい

スーパーカーユーザーの中には、カスタマイズを行って自分仕様の車を作り上げるのが好きな人もいるでしょう。一般的な買取市場では、カスタマイズよりも純正仕様である方が高値がつきやすく、カスタマイズ車という理由で減額されてしまうこともあります。

しかしながら、マクラーレンの場合には純正オプションによるカスタマイズであれば非常に高く評価されています。なぜなら、車高の調節機能などといったマクラーレン純正オプションは極めて高額であり、欲しいと思うユーザーが多いからです。

そのため、マクラーレンでのカスタマイズを行うのであれば、純正オプションを選ぶのがいいでしょう。

まとめ

マクラーレンにはたくさんのラインアップが用意されていますが、どの車も申し分のない速さと力強さを誇っています。抜群の加速力を生み出すため、新しい素材や技術をいち早く開発し、世界中の注目を集めている自動車メーカーだといえるでしょう。

ただ、マクラーレンは日本での登録台数が少ないことから、それほどの買取事例はありません。それでも、10,000,000円を超える価格で買取ってもらえるケースは多く、車の高価買取が期待できるといえるでしょう。

しかしながら、車の状態や、買取業者によっては低い査定額が提示されてしまうこともあります。そのため、買取に出す前にはしっかりとメンテナンスを行い、信頼できる買取業者に査定を依頼してください。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます